新卒で入社したMRほど『MRはブラックだ!』と考える傾向があるかも?

こんにちは、アラサーMRのヒサシです。

Googleなどで『製薬会社 MR』などと検索すると、たくさんのネガティブワードが出てきますね。

『MRはブラック労働です!』

『MRはキツい仕事です!』

『MRなんてやらない方が良い!』

こんな風にネット上ではMRを酷評するような情報が溢れています。

でも、私自身は『MRはブラックじゃない』と考えている派の人間です。

MRがホワイトかどうかはさて置き、MR以上にブラック(過酷)な仕事はいくらでもあります。

その証拠に、私のように異業種からMRになった人間は大抵MRは恵まれている!と言います。

さらに超個人的な意見ですが、リアルで会うMRで『MRはブラックだ!』と主張するタイプは、新卒でMRになった人間に多い気がします。

このように『新卒組』と『転職組』とでMRに対する評価が違うのはなぜなのか?

その辺りの事情について考察してみました。




転職組の主張


私が思うにですが、現代の日本においてMRより待遇の良い仕事は多くありません。

極端な話、MRよりもブラック(過酷)な仕事なんていくらでもあります。

これは即ち、あらゆる職業の中でMRは相対的に好待遇の部類に入るということです。

そもそも、給料・休み・福利厚生など、MRを上回るレベルの職業がどれくらいあるでしょうか?

私の前職である医薬品卸のMS(営業職)も、待遇・労働環境という意味ではMRとは雲泥の差でした。

医薬品卸のMS(営業職)は激務なのか?元MSが解説します!

GWの時期になるとMS時代に休日当番で苦しんでいたことを思い出す

MSが『MSを辞めたい』と強く思うタイミングの1つがお盆期間である

何しろ『安定している』と呼ばれる代表格の公務員ですら、MRの待遇には及びません。

(※ただしこれは公務員の種類にもよりますし、リストラという要素を含めるとまた事情が異なってきます。)

つまり私が言いたのは、MRはとても恵まれている職業だということです!

もちろん、MRの仕事にもハードな部分はあります。

MRの仕事内容を突き詰めていくと、やるべきことは無限にありますし、数字を伸ばさなければリストラ候補にもなりかねません。

変な医者、変な薬剤師、変な上司だって数えたらキリないです。

ですから、私自身もMRの仕事が楽だとは決して思いません。

ですが、MRは楽ではないと思う反面、MRは恵まれていると常々思います。

これは本当に個人的な意見ですが、私はMRになったことを後悔した日は一度もありません。

私以外の転職組MRも私と同じようなことを言います。

彼らの口を揃えて前職よりも待遇が良くなったと言うのです。

異業種を経験した人間にとっては、MRはとんでもなく好待遇の職業だと感じるのです。

転職組MRにとっては自分の中でMRと別の仕事を客観的に比較することができます。

その結果、ブラック度で言えばMRより前職の方が上だったという結論になるのです。

私も含めて、転職組MRは比較対象がある分、『MRの悪い部分』よりも『MRの良い部分』に目が向きやすいのかも知れませんね。

新卒組の主張


まず初めに断っておきたいのですが、全ての新卒MRがMRはブラックだ!と言っているわけではありません。

これはあくまで私の主観であり、MS時代の経験も踏まえた上での意見ですから、『こういう意見もあるんだなぁ~』くらいの気持ちで読んでください。

では、話を戻します。

私が思うにですが、新卒MRは『MRの良い部分』よりも『MRの悪い部分』に目が向きやすいのです。

それはなぜか?

MRしか経験したことがないために、『MR』と『他の職業』とを客観的に比較できないからです。

極端な話、新卒MRは新卒時~現在の待遇を普通のことだと認識しているのです。

これは新卒である以上、人間として仕方がないことだと思います。

私は『MRは恵まれている』と考えている派の人間ですが、新卒MRにとっては『恵まれている』のではなく『普通』のことなのです。

その結果、自然と『MRの悪い部分』のみを意識してしまい、いつしか『MRはブラックだ!』という思考回路になってしまうのではないでしょうか。

勉強が大変だ。

日報が面倒くさい。

上司がうるさい。

休日の講演会や学会がだるい。

営業所の飲み会がウザい。

私もMRですから、こういった気持ちは理解できます。

ですが、その陰でMRには様々な恩恵があります。

世間一般の職業よりも年収が高い

毎日のように日当をもらえる。

長期休暇を取りやすい。

自分のペースで仕事を組み立てられる。

MR認定試験合格のために会社が徹底サポートしてくれる。

これらは新卒MRにとっては『当たり前』のこと過ぎて、こういった好待遇な部分について意識する機会が少ないのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、全ての新卒MRが『MRはブラックだ!』などと言っているわけではありません。

しかし私の経験上、MRのことを悪く言う人間に話を聞くと、結構高い割合で新卒MRだったりします。

そういった新卒MRからMRを貶すような発言を聞くたびに、私としてはちょっと複雑な気分になります。

『いやいや、ちょっと待ってください!』

『MRよりもブラック(過酷)な仕事なんていくらでもありますよ!』

『MRって、あなたが言うほど悪い仕事じゃないですよ!』

『むしろ恵まれ過ぎなくらいの仕事ですよ!』

私なんかはこんな風に内心思ってしまうのですが、どうなんですかね…。

私の前職が医薬品卸のMSだから余計にそう思ってしまうのでしょうか。

まあ、何を以ってブラックと呼ぶかは人それぞれなので、私が口を挟むようなことではないのですが…。

同じMRでも、所属している会社や担当領域によって待遇はかなり変わってくるので、その辺りの事情も関係があるかも知れませんね。

まとめ:新卒組と転職組との埋まらないギャップ


新卒組と転職組とで意見が分かれるって結構面白いなぁと思います。

新卒組はMRという職業をネガティブに解釈する傾向がある。

転職組はMRという職業をポジティブに解釈する傾向がある。

これはどちらが正しいとか、どちらが間違っているとか、これはそういった類の話ではありません。

『自分の常識』は『他人の非常識』でもありますから、意見が分かれること自体は全く不思議には思いません。

ただ、新卒組と転職組との主張を整理していくと、互いの考えにギャップがあると感じます。

そのギャップとは、個々人の経験から生まれるものなんですよね。

この記事を書くにあたって何人かの同僚MRからもらった意見を参考にしましたが、そういった意見を1つ1つ検証するのも面白いものです。

また機会があれば、新卒組と転職組の主張について掘り下げてみたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする