月末最終日に卸訪問するMRはMSから嫌われる!?MS時代の本音を暴露します!

MRとMSの関係

こんにちは、元MSかつ現役MRのヒサシです。

月末の最終日はMSにとって凄く忙しい1日ですよね。

詰めだったり、集金だったり、月末特有のMS業務が目白押しです。

担当している取引先の状況によっては、1分1秒が惜しいということも結構あります。

マジで忙し過ぎて、MRからの電話・メールを後回しにせざるを得ないことも少なくないです。

しかし!

そんなMSの事情を知ってか知らずか、月末最終日だろうと普段通りに医薬品卸の営業所を訪問するMRっていますよね。

ヒサシ
ヒサシ

このMRの行為が一概に悪いとは言い切れませんけど…

MS時代の私は『わざわざ忙しい月末最終日に来なくたっていいだろうに…』などと幾度となく思いました。

もちろん、MRだって悪意があって月末の卸訪問をしているワケじゃないことは理解していました。

施策の進捗確認だとか、月末発注の内容確認だとか。

MRにはMRなりの仕事(事情)があるのです。

しかしですね…

私の先輩MSも、後輩MSも、口を揃えて『出来れば、月末最終日だけはMRに来てほしくない』と言っていました。

正味な話、MSにとって月末最終日はMRといつも通りに会話するほどの余裕がないのです。

そんな医薬品卸のMSたちがMRには決して明かさない本音について、私自身の実体験を交えてお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

月末最終日にMSが忙しい理由4選!

そもそも、なぜ月末最終日はMSにとって忙しい1日なのか?

MRにとっては未知の領域と言うか、中々イメージしにくい部分かと思います。

何だかよく分らんけど、月末最終日のMSは忙しそうにしている。

このような漠然としたイメージを持っているMRも多いのではないでしょうか?

…ということで、月末最終日にMSが忙しい理由について、簡単に解説させていただきます。

月末の最終日、MSは主に下記4点の業務によって忙しい状況に陥っています。

1.詰め

2.集金

3.返品処理

4.急配

詳しくは後述しますが、どれもこれも〆切が存在する業務です。

そのため、MSは“時間との戦い”を強いられます。

〆切に間に合わせるために、何としてでも最優先で片付けないといけない業務。

こういった業務が月末最終日に集中することによってMSは忙しくなってしまうのです。

では忙しさの源となっている各々の業務について解説します。

1.詰め

MSにとっては馴染み深い詰め込み販売(通称:詰め)ですが、まさに月末こそが詰めの真骨頂です。

その中でも最終日はただの苦闘でしかありません。

 

医薬品卸のMSを苦しめる『詰め込み販売』とは?元MSが業界内の悪習を暴露します!

 

上司またはプロモーターからの詰めの指示も、月末最終日ともなると気合が違います。

朝の営業所ミーティングは、半ば詰めに関することだけの会議と化します。

A錠の納入軒数が営業所としてあと○軒足りない!
B剤の納入金額が営業所としてあと××万円足りない!
今日は月末最終日だが、必ずこれらのノルマを達成するように!

こんな指示が飛ぶのはMSにとって普通のことです。

当然、指示を受けたMSは詰めを遂行する義務があります。

失敗など許されない空気が漂い、そんな中でMSにとって月末最後の戦いが始まるのです。

後述する集金などの業務と並行して詰めを行う必要があるのも辛いところです。

2.集金

月末最終日を売掛金(医薬品卸から薬を購入した代金)の支払日としている医療機関は数多くあります。

そして、支払い形態も様々です。

口座振替、または施設側からの振込であればMSにとって楽なのですが…

現金・小切手・手形などで売掛金を支払う施設には、MSが直接訪問して集金する必要があるのです。

例えば小切手だったら、売掛金と記載金額が一致していることを確認の上、領収書を発行する必要があります。

ヒサシ
ヒサシ

MSだった頃、私は小切手での集金先が結構ありました…

言葉で説明すると簡単に見えるかも知れませんが、こういった一連の集金手続きは意外と面倒です。

当然のことながら、MSとしては1円の誤差なく回収する必要があります。

さらに、もし支払いを滞納している施設であれば、MSは滞納分も集金する義務があります。

あるいは、何かと理由を付けて売掛金を満額払ってくれない施設もあります。

場合によっては、その場で滞納金の回収交渉をしないといけません。

つまり、一言で集金と言っても、そこには様々な業務が付随してくるのです。

そんな集金を1軒のみならず、3軒も4軒も行うMSは本当に大変です。

そして何より、集金という業務は1日(集金日)の中で完結させないといけない。

だからMSにとっては大変なのです。

3.返品処理

もし取引先が決算月である場合、MSは『今月中に薬の返品処理を全て済ませてくれ!』と依頼されることも少なくないです。

もし返品処理が完結しないまま月を跨いでしまえば、決算時に取引先の在庫として計上されてしまいますからね。

加えて、医薬品卸から取引先への請求金額も変わってきます。

そうなってしまえば当然、決算の内容にも影響してきます。

つまり、取引先目線で考えると不動品となった薬は決算前に返品したくて仕方ないのです。

…というワケで、月末ともなると取引先から駆け込み的な感じで返品依頼を受けることも結構あります。

そして、MSにとって返品処理とは厄介な仕事です。

 

医薬品卸のMSが返品を嫌うのはなぜ?それは再販するのが大変だからです!

 

詳しくは上の記事を見てほしいのですが、返品を持ち帰ってから即日処理できるような類の仕事ではないのです。

しかし、取引先からの『こっちは決算なんだから、早く返品伝票を持ってこいよ!』という圧力が凄まじい。

酷い取引先だと『月末最終日までに返品処理が終わらなかったら、翌月からおたくへの注文を減らすからね!』などと焚きつけてきます。

ヒサシ
ヒサシ

ここまで来ると、もはや脅迫なのですが…

その一方で、MSとしては売上を減らされたくないのも事実です。

よって、MSは不本意ながら月末の貴重な時間を返品のために割かざるを得ないときがあるのです…。

4.急配

MSにとって最も恐るべきイレギュラー業務。

まさに天敵と呼ぶべき存在。

それが急配です。

 

全国のMSを苦しめる『急配(きゅうはい)』とは?元MSが経験談を交えて解説します!

 

月末最終日だろうと、急配はいつも通りに発生します。

ヒサシ
ヒサシ

詰めや集金といったMS特有の事情なんてお構いなしです!

何だかんだ言って、急配依頼が入ってきた時点で、MSは実働部隊として急配を行う義務があるのです。

この辺りはMSが担当している取引先次第なところもありますが、月末最終日に急配まみれの1日になる可能性もゼロではないのです。

朝イチで急配に出かけ、昼も急配をこなし、夕方も急配に振り回される。

MSにとって、そんな月末最終日は珍しくないのです…。

スポンサーリンク

月末最終日に『詰め』を依頼するMRの末路

MS時代に散々経験したのですが、月末最終日になってMS相手に詰めの依頼をしてくるMRって意外と多いんですよね。

今では私もMRをやっているので、メーカー側における月末の詰め事情の理解はできるのですが…

そんなことを知る由もないMS時代は、ハッキリ言って不愉快なだけでした。

なぜ月末最終日というMSが忙しいタイミングで依頼をしてくるのか?

詰めを依頼すればMSがその通りに行動すると思っているのか?

せめて、もう数日くらい早く依頼しようとは思わなかったのか?

…といった感じで、ぶっちゃけたことを言うと面白くなかったんですよね。

そもそも、先述した通りMSにとって月末最終日は忙しいです。

ハッキリ言って、MRから頼まれた詰めを行う余力なんてありません。

…と言うか、それ以前の問題として、月末最終日の朝にMRが卸の営業所に来ること自体、私にとっては意味不明でした。

ヒサシ
ヒサシ

わざわざ忙しいときに来るとか、配慮に欠ける人たちだなぁ…

…なんてことを当時は本気で思っていました。

私個人としては、MRによる月末最終日の直接訪問それ自体が疑問だったのです。

確かに、たとえ忙しい状況であってもMRに対して笑顔で対応し、彼らの要望を全て叶えてあげるのが理想のMS像だとは思います。

MSだった当時、私も頭の中ではそのように思っていました。

しかし、理想と現実は異なります。

普段お世話になっているMRのことを助けてあげたいと思う反面、月末最終日だけは彼らのことが鬱陶しいと感じていたのも事実です。

…と言っても、MSとしてMRのことが鬱陶しいなどと思ってはダメなんですけどね。(汗)

当時は、どうしても感情が付いてこないって感じでした。

まあ、そもそも月末最終日になってから急に詰めの依頼をしてくるMRは、人間性に問題がある人たちが多かったようにように思います。

詰めの依頼に限らず、普段の仕事においても自分勝手と言うか、相手の都合なんてお構いなしと言うか。

とにかく!

月末最終日に卸の営業所にやってきて、好き勝手に詰めの依頼をして帰っていくMRたち。

そんな彼らのことを、私はどうしても好きになれなかったのです。

これは私だけでなく、同じ営業所で働いていた先輩・後輩のMSたちも大体同じような意見でした。

MRが月末最終日に卸の営業所へと行ったところで、MSから反感を買う可能性の方が高い。

今ではそのように思っています。

表向きはニコニコしているMSも裏では…?

月末最終日に卸訪問したMRについて、ちょっと怖い事例があります。

これは当時の先輩MS(30代)の話なのですが…

その先輩MSは普段からニコニコしている人でして、とても人当たりが良いMSでした。

社内外を問わず『仏の○○さん』というアダ名で呼ばれるくらい親しみやすい人です。

当然、MRからの人気も抜群に高かったです。

そんな先輩MSですが、とある月末最終日に珍しく険しい表情をしていたんですよね。

…で、私が先輩MSに事情を尋ねてみると、こんな返事が返ってきました。


月末最終日に詰めの依頼をしていくるMRは無神経すぎる。
ウチの営業所に来ないで欲しいとまでは言わないが、こちら(MS)への配慮や気配りが足りなすぎる。
そんなMRたちとは、もう一緒に仕事をしたくない。
MRにはいつも笑顔で対応することを心掛けてきたけど、それが逆にMRのことを甘やかしてしまったようだ。
これらからは、心を鬼にして無神経なMRとは縁を切っていく。

概ね、ヒサシが普段から感じていることと同意見だったのですが、この先輩MSは本当にMRとの縁を切っていったんですよね。

“無神経”と認定したMRとの連絡頻度を減らし、そのMRが営業所に来てもあまり会話もしない。

極めつけに“無神経MR”にとっては競合となるMRと手を組み、“無神経MR”が扱っている薬剤を競合品に切り替えていく。

仏とも呼ばれた先輩MSですが…

普段優しい人ほど、怒ると怖いという典型例だと感じました。

先輩MSとしては、月末最終日に詰めの依頼をされたり、忙しいときに話しかけられたりしたことが、余程腹に据えかねたのでしょうか。

先輩MSがここまで怒った理由は不明ですが、MS時代にこういった事例を間近で見たことについて、私にとっては大きな教訓となりました。

まさに、触らぬ神に祟りなし。

MRとして働いている現在、私は月末最終日には絶対に卸に行かないようにしています。

ヒサシ
ヒサシ

意味もなくMSから恨みを買う必要はありませんからね…

緊急性の高い案件ならば話は別だぞ!

ここまで月末最終日にMRは卸(MS)を直接訪問しない方が良いと書いてきましたが、緊急の用事があれば話は別です。

例えば、自社医薬品について重篤は副作用が出たとか。

その影響で、健康被害を防ぐためにも早急に自主回収する必要に迫られたとか。

あるいは、何らかの事情で出荷停止・出荷調整となることが決定したとか。

 

製薬会社の都合による自主回収によって医薬品卸のMSは苦しんでいる!

医薬品の出荷調整・出荷停止の度にMSは苦しんでいる!自主回収後の地獄を語る!

 

こういった情報はMSにとっても凄く大切です。

月末最終日で忙しいとはいえ、MSにとって『知りませんでした』『メーカーから聞いていません』では済まされない場合もありますからね。

ヒサシ
ヒサシ

場合によってはMSが取引先の人に怒られたりします…

メールや電話での伝達がダメとまでは言いません。

しかし、緊急性が高い情報であればあるほど、背景や今後の展望などを含めて、直接MSに伝えてあげた方が良いかと思います。

まとめ:月末最終日だけはMSに触れるべからず!

この記事で書いた内容は、あくまで私個人の意見に過ぎません。

実際には、月末最終日であってもMRの訪問について大歓迎と考えているMSもいるでしょう。

この辺りはMSとMRとの関係性や、性格的な相性、卸訪問の用件などによって左右されるポイントでしょうね。

…とはいえ、MS時代の経験を振り返ってみると、自他共に月末最終日のMR訪問について好意的ではないMSが多かったように思えます。

MSにとっては1日の準備で忙しい朝の時間帯に、なぜMRはわざわざ直接訪問してくるのだろうか?

ましてや、月末最終日にそれを実行するようなMRは何を考えているのだろうか?

MSだった頃、私は本気でこんな風に思っていました。

今思えば、かなり捻くれた考え方ですね。(汗)

ですが、現在ではそのように反省している反面、MS時代はどうしても腹落ちししなかったことも事実です。

取りあえず、この記事を読んでくれたMRの皆さんには『月末最終日のMSは普段よりも忙しい!』ということを知ってもらいたいです。

忙しいだけに、いつもは温厚なMSですら殺気立っていることも少なくない。

前述した先輩MSのように、MRが気付かないうちにMSの逆鱗に触れている可能性もありますからね。

ヒサシ
ヒサシ

人間なんて、腹の底ではどう思っているか分からないもんです…

MSとて人間です。

忙しい状況では、どうしても精神的な余裕がなくなります。

普段は笑って済ませられるようなことでも、多忙につき苛々しているときは上手くスルー出来なかったりするのです。

…と言うか、結構な頻度でこういったことがあります。(汗)

営業活動の一環として月末最終日に卸(MS)のもとに顔を出してみたら、思わぬ地雷を踏んでしまった。

そんな目に遭うMRが1人でも減ることを祈っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました