全国のMSを苦しめる『急配(きゅうはい)』とは?元MSが経験談を交えて解説します!

こんにちは、アラサーMRのヒサシです。

皆さんは医薬品卸のMSが行っている『急配(きゅうはい)』という仕事をご存知でしょうか?

医薬品業界における『急配』とは、『緊急で行う薬の配送』だとか『急に入った配送依頼』といった言葉の略称です。

MSではない人(MRなど)にとっては、イマイチ具体的なイメージが湧かない仕事かも知れませんね。

一方で、MSにとっては『急配という言葉なんて聞きたくない!』と思う人もいることと思います。

MSにとって、急配とはまさに天敵とも呼ぶべき業務です。

私自身もMS時代には何度となく急配に苦しめられました。

この急配という存在によって、全国のMSは多かれ少なかれ、今日も苦しんでいることでしょう。

しかし、MSとして働く以上、この急配の仕事から逃れることは出来ません。

いつも突発的に発生し、逃げられないことも相まって、ストレスが半端じゃない仕事。

それがMSにとっての『急配』です。

今回は、そんな『急配』について記事にしてみました。




なぜMS(営業職)が薬の配送を行うのか?


急配について触れる前に、MSと配送業務の関係について確認していこうと思います。

以前、別の記事で『MSは営業職であるにも関わらず、薬の配送も行う』と書いたことがありました。

医薬品卸のMS(営業職)は激務なのか?元MSが解説します!

MSが『薬の配送』を行うのは、簡単に言うと『人手が足りないから』です。

まず大前提としてお伝えしたいのですが、医薬品卸会社には『配送のみを行うスタッフ』がいます。

会社によって呼び方は様々ですが、私のブログ内では便宜上『配送職』と書かせてもらっています。

医薬品卸の配送職はキツいって本当?求人内容の裏側について暴露します!

医薬品卸の配送職はもっと評価されても良いのでは!?

さて、配送職には正社員だったり契約社員だったりと様々な雇用形態がありますが、その仕事内容はほとんど同じです。

配送職という名の通り、病院などの医療機関に薬を届けるのが配送職の仕事です。

配送職がいるなら、MSが配送する意味なくね?

…と、疑問に思う方もいると思います。

正直言って、私も新入社員の頃に同じことを疑問に思ったものです。

しかし、現実問題として配送職が対応できない配送業務はたくさんあります。

その最たる例が『急配』です。

さらに、急配以外でMSが行う配送とは、例えばですがこんな場合ですね。


・薬の物量が多過ぎて配送職だけでは対応できない場合(病院への一括納品など)

・配送ルートから大きく外れた一軒家的な施設への配送

・時間指定で配送職のルート便では間に合わない場合


こういったイレギュラー的な配送は、基本的にMSに振られることが多いです。

もしMSが休みなどで不在のときは、他エリアを担当しているMSが対応したり、あるいは倉庫係や所長クラスの人間が駆り出されることすらあります。

医薬品卸の使命とは『医薬品を安定供給すること』です。

ですから、医療機関から薬の注文が入った時点で、医薬品卸側として原則、その注文に対応する義務が生じます。

よって、医療機関の担当者であるMSは常に『薬を安定供給すること』を第一と考えて仕事に臨まなければならないのです。

なぜ急配が発生するのか?


極端なことを言えば、急配の根源は全て取引先にあります。

少なくとも、急配とは医薬品卸側から『急配させてください!』などと取引先にアピールするような類の仕事ではありません。

では、なぜ取引先は医薬品卸に急配を頼むのか?

理由は様々ですが、ざっとこんな感じです。


① 病院にて患者の容体が急変し、緊急薬の在庫が底を尽きそうだから

② 調剤薬局にて在庫していない薬剤の処方箋を持った患者が来たから

③ 特に理由は無いけど、何となく癖で急配を頼んでいる

④ MSあるいは医薬品卸への嫌がらせ


いかがでしょうか?

①と②については、個人的にはまだ理解できます。

取引先だって『患者ありき』で仕事をしているワケですから、不可抗力的な場面だって当然あるでしょう。

よって、私はMSだった頃は①と②に関する急配に関して、それなりに前向きな気持ちで取り組むことが出来ていました。

しかし、厄介なのは③と④です。

意外と思うかも知れませんが、③と④はこの業界内では普通にあります。

少なくとも、私自身はMS時代に③と④を幾度となく経験しました。

電話注文で特に根拠なく『早めに届けて』『○○時までに頂戴』などと平気で言ってくる事務員。

医薬品卸に恨みでもあるのか『卸はウチの依頼に応えるのが仕事でしょ?』『○○時までに届けてくれないなら、お宅への注文を減らそうかな?』などとプレッシャーをかけてくる薬剤師。

思考停止なのか人格が歪んでいるのか分かりませんが、こういった急配依頼に応えるのは私にとって凄まじいストレスでした。

そんな私の体験談はさておき、①~④は医薬品卸と取引先が存在する以上、決してなくなることはありません。

取引先が使う在庫管理システムの進化などによって急配が減ることはあっても、ゼロになることはないと思います。

急配がMSのスケジュールを狂わせる


MSにとって『急配』とは『出来ればやりたくない仕事』です。

MSも営業マンですから、当然色々なスケジュールに沿って動いています。

そんな中で、病院から『○○時までに××という薬を持ってきてほしい』という急な依頼をされたらどうなるでしょうか?

急配を含め、配送の仕事は基本的には配送職のスタッフが対応います。

しかし、配送職が手一杯なときはどうか?

繰り返しになりますが、こんなときはMSが仕方なく自分で配送する羽目になります。

私自身、MS時代は急配が入るごとに自分のスケジュールを修正し、ときには元々の予定を完全に投げ出してでも配送対応をしてきました。

不可抗力で自分のスケジュール変更を強いられるなんて、MSに限らずほとんどの社会人にとって苦痛に決まっています。

そんなことを何十回、いや何百回と経験しました。

だからこそ、私はMSだった頃は『急配』という仕事が嫌で仕方ありませんでした。

いや、私の限らず全国で働いている全てのMSが『急配』を忌み嫌っていると断言するだけの自信があります。

いやいや、注文が入って薬が売れるは良いことでは?

…と思う方もいるかも知れませんね。

だが、これは決して良いことではないのです。

イレギュラー的な時間指定の注文を引き受けるということは、ある意味『わがままな顧客』を相手にしているとも言えます。

まず、この時点で精神衛生的に良いとは言えない状態に陥ります。

何より、100錠で1000円程度の薬を1箱だけ届ける…というようなパターンも少なくありません。

1000円の薬を届けて発生する利益など、せいぜい数十円ほどです。

逆に、配送にかかる時間やガソリン代などのコストの方が高くつきます。

MSにとっては急配のようなイレギュラー対応も大切な仕事の1つなのですが、そういった使命感だけでは如何ともし難いストレスがあるのも事実です。

MSが急配に対応できないときは?


繰り返しになりますが、配送職の人々がカバーできないタイミングで薬の注文が入ると、MSが対応せざるを得ない状況に追い込まれます。

…と言うより、MSしか対応できる人がいないのです。

しかしMSにだって都合というモノがあります。

MRと同行して取引先との製品説明会に同席したり、ある病院にて価格交渉のアポイントがあったり、どうやっても急配への対応が出来ないときがあります。

そんなとき、記事の序盤でも書きましたが、場合によっては倉庫係や所長クラスの人間が急配を行うときがあります。

しかし、これは医薬品卸にとっては最後の手段です。

倉庫係や所長クラスの人たちだって、それぞれ自分の仕事を持っています。

配送職あるいはMSの代わりに急配への対応をさせられること自体、彼らからすれば不本意なことなのです。

私自身も、やむを得ず倉庫係・所長クラスの人間に急配対応をお願いした後日、ネチネチと詰られた経験があります。


急配対応はMSの仕事でしょ?

急配の仕事を押し付けられるこっちの身にもなれよ?

おまえ(MS)が取引先に在庫管理をするように依頼しておけば、今回の急配は発生しなかったんじゃないの?


ハイハイ、すいませんでしたね!(怒)

じゃあ、次からはもう助けてくれなくて結構ですよ!

…みたいな感じで、他職種の人たちと喧嘩してしまったこともあります。(汗)

(私は当時24歳~25歳くらいだったのですが、今思えば大人げなかったなぁ…と思います。)

急配の対応を肩代わりさせてしまったことに関しては申し訳ないと思う反面、こんな風に好き勝手に言われたらやっぱり腹が立つものです。

この辺りは営業所の雰囲気や人間関係次第ですが、ハッキリ言って喧嘩したところでMSが得することは一切ありません。

ですので、私の経験談は『悪い例』として捉えていただければ幸いでございます。(汗)

まとめ:MSは急配と上手く付き合っていく必要がある


MSとして働く以上、誰もが急配の仕事を経験することになります。

エリアや取引先にとって急配が多い・少ないといった違いは当然ありますが、『急配ゼロ』の環境で働いているMSは皆無だと思います。

では、MSはどうすれば良いのか?

急配をゼロにできなのなら、急配と上手く付き合っていくしかないないのです。

根気強く急配を減らしてもらえるように取引先に交渉してみたり、場合によっては急配を断る勇気を持ってみたり、やり方は様々です。

確かに、注文量を減らすことをチラつかせて急配させようと迫ってくる取引先もあります。しかし、そういったタチの悪い取引先とは距離を置くに限ります。

MS時代の経験を振り返ってみて思うのですが、私はそういったタチの悪い取引先に付き合っても良いことは何もありませんでした。

注文を減らすぞ』という言葉を真に受けて、不本意な急配を何度も繰り返した時期もありましたが、その結果、心身ともにボロボロになっただけでした。

それがMSとして3年目くらいの時期でした。

その後、私は考え方を変え、タチの悪い取引先に対しては敢えて急配を断るスタイルで仕事をしてみました。

結果だけ見れば一部の取引先では売上が減りましたが、その分だけストレスも減りましたし、無茶な急配依頼などしない優良な取引先に時間・労力を集中させることで、MS4年目くらいの頃には減った分の売上をカバーできるくらいには持ち直しました。

私のやり方が正しいかどうかはともかく、MSは急配とは上手く付き合っていく他ありません。

それに、この記事では急配のネガティブな面を強調してしましましたが、急配によって救われる患者・医療従事者がいることも事実です。

そう考えると、急配も一概には『悪』とは言えない業務であるような気もします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする