オジサンMRの観察力

こんにちは、アラサーMRのヒサシです。

先日、このオジサンMRすごいなぁ…と思うことがあったので、ちょっと記事してみようと思ます。

オジサンMRの経験値


早朝、某病院の院長室前で院長先生を待っていた時のことです。

この病院はいつも朝7:30くらいに院長先生が出勤してくるので、院長室前で院長を掴めて話す…というのが鉄板です。

何しろ、院長先生は外来での面会もダメ、アポイントも受け付けない。

そして、

俺と話したければ朝7:30に院長室前に来い!

というような先生なのだ。

そして今日も朝から5人くらいのMRが院長室前に勢ぞろいしていました。

…が、なぜか院長先生が来ない。

7:40、7:50、8:00になっても来ない

何だ?

今日は院長先生は休みなのか?もう帰るべきか?

いや、まだ待つべきか?

などど悶々としていた時です。

他社の50代くらいのオジサンMRが2人、

駐車場に院長先生の車があるかどうか見てこよう。

と言い出しました。

私はこんな寒い中、駐車場まで行くのか…と感心半分、感謝半分で彼らの様子を伺っていたら、そのオジサンMR達はガラス張りの大窓に向かって歩き出した。

言い遅れましたが、院長室フロアは5階です。

5階の窓から院長先生の車なんて分かるのか?と思っていたらオジサンMR2人が戻ってきた。

今日は院長先生の車がない。この時間に来ないなら今日はもう来ないね。

と言いながら早々に引きあげていきました。

オジサンMRの観察力に驚愕…


私はたまたまオジサンMR達の近くに立っていたから彼らの会話が聞こえていたのですが、他のMR達はオジサン達の会話に気付いていないようでした。

それはともかく、この会話から察するにオジサンMR達は院長先生の車種、及び、院長先生が駐車する大体の場所を把握していたということです。

しかも5階から見て判断できるとは、正直驚きました。

私もオジサンMR達の判断に従い、静かにその場を去ることにしました。

ちなみに、その他のMRは院長室前に立っているままでした。

どうやら、まだまだ待つ気でいるらしい。

彼らはその後、何時まで院長室前で待機していたのか、それはわからない…。

ちなみに、今回記事にしたオジサンMR達は某大手内資系の方々ですした。(※私は彼らと話したことはありません。)

老獪というか、オジサンMRの観察力は侮れないと感じた一幕でした。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする