病院の駐車場にて乱暴な運転をしているMRについて思うこと

MRのマナー

こんにちは、アラサーMRのヒサシです。

つい最近、他社のMRが病院の駐車場内で乱暴な運転をしている場面を見かけました。

ヒサシ
ヒサシ

しかも連日に渡って、です…

駐車場であるにも関わらず急発進。

病院の入口付近にある横断歩道前でのスピード過多。

入口に近い位置にある駐車スペースに無理矢理割り込むような形での停車。

こういった場面に遭遇するのは初めてではないですが、第三者として見ている側としては胸クソ悪いです。

仮にも医療なり患者なりに貢献することを謳っている製薬会社の一員が、このような運転をしているのって果たしてどうなんですかね?

ここまで来るとMR以前の問題と言うか、もう大人としてダメだと思います。

まあ、製薬会社の営業車にはその会社特有のロゴマークなどは入っていませんから、患者を含む一般人から会社にクレームが入る可能性は極めて低いのでしょうけど…

だからといって、こんなクソみたいな運転をしているMRが野放しにされている現状が許されても良いのだろうか?

…というワケで、本日は駐車場におけるMRの運転マナーというテーマで記事を書いてみました。

スポンサーリンク

駐車場でスピードを出すのはあり得ない

当たり前の話ですが、駐車場内では徐行が基本です。

MRだろうが、医療機器メーカーだろうが、コンサル屋だろうが、それは皆同じです。

しかし!

自分がMRだから余計に目に付くのか分かりませんが、駐車場なのに凄いスピードを出しているMRに遭遇することがあるんですよね。

どれだけ急いでいるのか知りませんが、傍目から見ていても思いっ切りアクセルを踏み込んでいるのが伝わってくる。

周囲の人間に不安を感じさせるような運転。

一歩間違えば事故に繋がるような行為。

ヒサシ
ヒサシ

教習所で運転マナーを勉強し直してこいや!!

…と言いたくなるようなMRがいるのです。

ハッキリ言って、見ていて気分の良いものではありません。

でもね、残念ながらこういったクソみたいな運転をしているMRって稀にいるんですよね…。

本当に残念なことです。

同業者としては腹が立つのを通り越して、呆れてしまうことすらあります。

現役MRである私の目から見ても違和感があるワケですから、患者から見たら尚更不愉快なはずです。

こういった一部の人間のせいで、MRの職業価値が貶められている気がしてなりません。

スポンサーリンク

患者が横断歩道を渡るのを待ってあげるべき

私は院内駐車場の横断歩道などでは一時停止することを心掛けています。

…と言うか、時間帯にもよりますけど、横断歩道の付近は患者さんがいることが多いですからね。

そんな風に患者が横断歩道付近にいるのなら、MRは一時停止して彼らが横断歩道を渡るのを待ってあげるべきだと思うんですよね。

足腰が弱っていそうな高齢者であれば尚更です。

ヒサシ
ヒサシ

横断歩道前で長時間立ったままなのは辛いだろうからな!

でもね…

そんな患者たちいるにも関わらず、問答無用で横断歩道を突っ切って車を走らせるMRも中にはいるんですよね…。

しかも一般道路と同じくらいのスピードを出して、です。

杖をついてプルプルと震えているお婆ちゃんが横断歩道前で待っていたとしても、一切お構いナシ。

クソMR
クソMR

横断歩道?一時停止?

何それ?美味しいの?

…とでも言わんばかりの荒い運転。

これもまた見ていて気分の良い光景ではないです。

まあ、そんなクソみたいな運転をするMRは滅多にいませんけど、それでもたまに見かけるような場面があります。

我先にと病院の入口付近に駐車するMR

足腰が弱っている患者にとって、車から病院入口までの歩行距離は短いに越したことない。

なぜなら、彼らは『歩く』という行為自体が大変だからです。

よって、病院の入口付近の駐車スペースは患者に使ってもらうべきです。

…なんてことを私は考えているのですが、そんな患者の事情など露知らずといった感じで、我先にと入口付近に車を停めるMRっているんですよね。

まあ、説明会などで弁当や機材の持ち込みを少しでも楽にするために、敢えて入口付近に停めるという考え方もあるでしょうけど…

こういったやり方について、個人的にはちょっと違和感があります。

わざわざ入口付近に停めずとも、入口から遠くて空いているスペースに停めれば良いだろうに。

とんでもない悪天候とかならまだしも、晴天かつ持ち物も少ないような状態なら、少しくらい病院の入口まで歩いたって良いだろうに。

そもそも病院の駐車場とは患者が優先して使うべきスペースのはずです。

…にも関わらず、患者を差しおいて勝手気ままな停め方をするMRって、ちょっとどうなのかなぁと思ったりしてしまいます。

『患者ファースト』の裏にある欺瞞ぎまん

多分ですけど、どこの製薬会社であっても多かれ少なかれ患者ファーストを謳っているのではないでしょうか?

弊社は勿論のこと、他社でも似たり寄ったりな理念を掲げているような気がします。

患者さんの利益になるような仕事をしましょう!

患者さんの不利益になるようなことは止めましょう!

とにかく患者さんの事情が最優先だ!

全ては患者さんのために!

いかがでしょうか?

こんな考え方を一言で表すと『患者ファースト』という言葉に集約されるのではないでしょうか?

なるほど、そいつはご立派なことです。

そんなにも崇高な理念であれば、誰も反対なんてしないでしょう。

その一方で、いくら理念が立派だとしても、それを実践できていなければ全く意味がないとも思います。

MRに関して言えば、売上が良いとか、知識が秀でているとか、そういったことは勿論大切です。

しかし、MRとして優秀であることが『患者ファースト』に結び付くとは限らない。

極端な話、社内では優秀とされているMRであっても、駐車場で患者をいたわるような行為をしていないのなら、『患者ファースト』を体現できているとは言い難い。

もし本当に患者のことを最優先で考えるならば、どんな状況であっても患者のことを蔑ろにはしないはずです。

少なくとも、病院の駐車場で患者が困るような行為は慎むはず。

ですが、現実には駐車場内で乱暴な運転をして患者に迷惑を掛けているようなMRが一定数いるではないか。

こんな有様で、よくもまあ製薬会社は『患者ファースト』なんて大層な言葉を謳っているなぁと思うことがあります。

まあ、運転マナーが悪いMRはごく一部だと思います。

ですが、その一部のMRが製薬会社の理念を貶めているのも事実なのかなと。

大体にして、会社として患者をいたわるような社員教育をしているような製薬メーカーって、果たしてどのくらいありますかね?

正味な話、MR活動における倫理観については、個々の社員任せになっているパターンが殆どじゃないですかね?

 

製薬協の田中常務理事が語る『MRの倫理観』とは何だろうか?

 

結局のところ、ご立派な理念だけが一人歩きしているのが実情ではないでしょうか。

…ということを考えてみると、製薬会社がよく言うような『患者ファースト』という言葉の裏には、欺瞞が満ちているような気がしてなりません。

まとめ:病院の駐車場でくらいマナーを守ろうぜ!

乱暴な運転をする人間って、ぶっちゃけどこにでも居ますよね。

それはMRも然り。

競合メーカー・非競合メーカーを問わず、私はこれまで運転が荒いMRを複数見てきました。

しかも、病院の駐車場で患者に迷惑を掛けるような輩までいるときた。

これはある意味、患者につばを吐くような行為に他なりません。

全く、同業者としては恥ずかしい限りです。

付け加えると、MRだと断定は出来なくても、MRと思しき人間が荒い運転をしている場面にもそれなりに遭遇しています。

職業柄なのか、直接の面識はなくても『多分のアイツはMRだろうな…』と感じる場面って結構ありますし。

それなりに良いスーツを着ていたりとか、持っている鞄とか、乗っている車種とかで、何となくですけど見当は付きます。

…で、そんなヤツに限って乱暴な運転していたりとか。

ヒサシ
ヒサシ

そういった光景を見る度に胸クソが悪くなるぜ!

ただ、実はこの記事は自分への戒めも込めて書いてみました。

私自身、運転マナーはそれほど悪い方ではないと思いたいです。

しかし、自己評価というものはアテになりませんからね。

病院の駐車場のように患者が多数いるような場所では尚更、MRとして以前に、人間として正しい運転マナーを実践したいものです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメント

  1. 焼き肉と言ったらホルモン より:

    こんにちはヒサシさんご無沙汰しております。今回の記事も楽しく読ませていただきました。いますよねマナーのなってないMRが…もちろん皆がそうではありませんが…私も納品を終え車を発車したくてキョロキョロしていると製薬会社のMRであろう車が隣にいたのでコレ幸い前に入れてもらおうとしたのですがチラ見しただけで無視❗️しかもコッチの車には業界人なら誰でも知っているだろうマークが(−_−;)その車の後部座席には医薬品パンフレットが積んでありました。心の狭いMRだと思うと同時にその製薬会社の社員教育、社風などもたかが知れてるなぁと思ったことがありました。 あとマナーではないのですが都会にありがちなのですがお得意先近辺のコインパーキングに止めて納品をしたい時にMRが車内で作業をしている事があります。仕事をしているのだしお金を払って止めているので何をしようが自由なのは分かっています!ですが!止めるのは本当にお得意様に訪問している間だけにしていただいて可能であればパーキングではない所で車内での作業をしてもらいたいのですよね。ヒサシさんも分かると思うのですが卸の納品時の駐車問題は皆が頭の痛い問題ですので…。

    • ヒサシ ヒサシ より:

      ホルモンさん

      お久しぶりです!
      ご無沙汰しています。

      多分ですけど、駐車場でのマナー教育に力を入れている製薬会社って殆どないと思います。
      実際のところ、駐車場での立ち振る舞いに関してはMR個々人の裁量に委ねられているといった感じですね。

      付け加えると、これは製薬会社の営業車には会社のロゴマークが入っていないことも影響していそうです。
      医薬品卸とは異なり、少なくとも営業車に関しては匿名性が高いとも言えますからね。
      そのことが横柄な運転の呼び水になっているのかもしれません。

      それと余談ですが、ご要望頂いたコメントの送信ボタン部分を改善してみました。
      以前よりは送信ボタンを押しやすくなっているかと思いますので、是非またコメントを投稿していただければと思います!

タイトルとURLをコピーしました