MRによる朝の卸訪問が減ったことについてMSは喜んでいる?

こんにちは、アラサーMRのヒサシです。

GW明けから活動を徐々に再開した製薬会社(MR)が出てきましたね。

その一方で、医薬品卸のMSはどうでしょうか?

営業活動は控えているとしても、薬の配送から自主回収まで、平時と殆ど変わらない状態で働いているのではないでしょうか?

いや、むしろコロナ感染に備えて輪番制となった関係で平時よりも忙しいMSの方が多いかも知れませんね。

そんな医薬品卸ですが、3月~5月はMRによる朝の卸訪問が減ったエリアが大多数ではないでしょうか?

殆どの製薬会社のMRは在宅勤務(自宅待機)を徹底する方針でしたから、まあ当たり前の現象だと思います。

そんな中で、MSは何を感じているのか?

朝の業務を邪魔されなくなって喜んでいるのか?

MRと仕事上の接点が減って悲しんでいるのか?

その辺りの事情について記事にしてみました。




朝にMRが来なくなって喜んでいる派の意見


私がリアルとネットで情報収集した限りだと、ぶっちゃけた話、朝にMRが来なくなって喜んでいるMSの方が多いのかな?という印象です。

これ、元MSの私にとっては凄く共感できます。

私自身、MSだった頃にMRが朝に尋ねてくること関して鬱陶しいと思ったことは正直あります。

(MS時代にお世話になったMRの皆さん、こんなMSですいません…。)

超個人的な意見なのですが、MSは朝の時間帯が一番忙しいです。

その日の営業活動のために色々な資料準備をしたり、倉庫・事務・配送の人たちと打ち合わせを行ったり、その他諸々、数えたらキリがありません。

請求書の作成・集金の準備・返品の処理・伝票の作成・債権の管理など、1つ1つの仕事は簡単なのですが、とにかく量が膨大です。

その膨大な内勤を捌くために必死こいている。

しかも、営業所から遠いエリアを担当しているMSは一度出発したら簡単には営業所に戻って来れないので、それはもう必死で上記の内勤を完結させようと頑張っています。

それが、MSにとってのなんです。

そんな時間帯にMRが訪ねてくると、どうしても内勤を中断しないといけない。

それはつまり、本来のMS業務が遅れるということを意味しています。

MSだった頃、私はそれが嫌で仕方ありませんでした。

アポイントがあるならともかく、アポイントなしで卸に大量のMRさんが来ること自体、私にとっては甚だ疑問だったのです。

ただ、こんなことを書いておいて恐縮ですが、当時の私はMRさんのことが嫌いだったワケではありません。

むしろ、自分を訪ねてきてくれるMRさんは大好きでした。

(一部、顔を見たくないくらい嫌いなMRもいましたが…。)

自分に会いに来てくれたMRさんとは仕事の話をしたいし、時間に余裕があれば世間話だってしたい。

少なくとも、MRさんを無碍にするようなことはしたくない。

でも、そういった気持ちとは相反して『鬱陶しい』という感情があったのも事実です。


こっちは出発までの僅かな時間で、目の前の内勤を仕上げなきゃいけないんだぞ?

何でわざわざMSが忙しい時間帯に来るんだ?

そもそも、俺のデスクの近くでゲラゲラと大声で笑っているMRは何なんだ?

どこの誰と盛り上がっているのか知らないけど、TPOという言葉を知らないのか?

…ったく、うるさいんですけど。


…みたいな感じで、内心は穏やかではない日も多くありました。

とにかく、MSにとって朝は忙しいし、色々な意味で神経を尖らせている時間帯なんです。

まあ、これは大勢いるMSの中のあくまで一例に過ぎないのですが…

当時、私はMRさんのことが嫌いなのではなく、忙しい時間帯に自分の仕事を中断されることが嫌いだったのです。

MS時代の私のようなMSが全国に何人いるかは分かりませんが、朝の時間帯は忙しいMSが大多数です。

朝のMSは忙しくないよ!

…などと言い切るようなMSがいたら、そのMSは間違いなく仕事をしていないサボリMSです。

おそらくですが、MRによる朝の卸訪問を好ましく思っていないMSほど、今の状況に喜んでいるのではないでしょうか?

(喜ぶ以前に配送で忙殺されているMSにとっては、喜ぶ余裕すらないのかも知れませんが…。)

MRとの打ち合わせなら、電話やメールで行えば良い。

あるいは、出先の静かな喫茶店とかで行ってもいい。

だから、MRは朝の時間帯に来てほしくない。

こんな風に考えているMSは間違いなく存在します。

朝にMRが来なくなって悲しんでいる派の意見


『悲しんでいる』という表現は大袈裟かも知れませんが、少なくともMRによる卸訪問が減って『寂しがっている』ようなMSがいるのも事実です。

MRとのコミュニケーションを重視しているMSほど、こういった傾向があると思います。

私はMSだった頃、どちらかと言えばドライな方だったので、MRによる卸訪問の頻度とかは特に気にしていませんでした。

しかし、中年以降の世代…特に今の40代以上のMSはMRの訪問頻度を気にするタイプが多いのではないかと思います。

中年以上のMSはプライマリー製剤の全盛期を経験していますし、それこそ毎日のようにプライマリーMRとの打ち合わせ・同行・決起会などを行っていたと聞いています。

また、その頃はスマホやタブレットが普及していなかった時代ですので、MSとMRが面前で紙ベースの資料を見ながら打ち合わせする機会も多かったはずです。

そういった時代を経験しているだけに、中年以上のMSにはMRは頻繁に卸に来るのが普通であるという認識を持っている人が多い印象があります。

さらに言うなら、MRと電話・メールだけのやり取りだと物足りない・味気ない…と思っているのかも知れません。

良くも悪くも、直接会ってコミュニケーションすることを重視しているMSもいるということですね。

しかし、今回の新型コロナウイルスの影響によって、仕事におけるMRとの接点が大幅に減ってしまった。

連絡を取り合うとしても、メインとなる手段は電話・メールばかり。

そんな状況がMRが来なくなって寂しいなぁ…という感情を生み出している。

私はそんな風に考察していました。

ただ、こういったタイプのMSはMRの行動をよく観察しています。

その弊害なのか、○○製薬のMRはウチによく来ているだとか△△製薬のMRは全然ウチに来ないなどと言い出すMSも多い気がします。

面倒と言えば面倒なタイプのMSですが、彼らは彼らなりにMRのことを大切に思っているのです。

まとめ:MRによる朝の卸訪問という文化が変わる?


新型コロナウイルスの記事を書く度に思うことですが、3月以降はMRにとってもMSにとっても働く環境が大きく変化しました。

その中で、MRとMSとの関係という部分に注目しただけでも、相当な変化が見て取れます。

この記事で書いた『MRによる朝の卸訪問』も、そんな変化の1つです。

特にプライマリーMRにとっては軒数やグロスの企画のために卸訪問をしなければなりませんから、多少なりとも業務に変化が出ていることでしょう。

一方で、苦手(嫌い)なMSと接点が減って喜んでいるMRもいるかも知れませんね。

医薬品卸のMSがうざい!MSと関わりたくないMRはどうすれば良いのか?

私個人としては『この機会にMRによる朝の卸訪問が減ればいいのになぁ…』なんてことを考えているのですが、皆さんはどう思いますか?

昔とは違って、今はコミュニケーション手段が複数ある時代です。

MSとMRがコミュニケーションするにしても、それは『朝』に『直接』でなくても良いはずです。

むしろ、早朝から卸に呼びつけられる文化について疑問に思っているMRは多いのでは?

同時に、朝の時間帯にMRが来ることについて疑問を感じているMSも一定数いるのでは?

私もそんな『疑問』を以前から持っている1人です。

朝になったらMRは卸を訪問しなきゃいけない…という医薬品業界の風習が変わるべきタイミングなのかも知れませんね。

個人的には、新型コロナウイルスが生み出した今の状況がスタンダードになることを期待しています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする