製薬会社にて飛び交っている奇妙なカタカナ語について思うこと

MR日記

こんにちは、アラサーMRのヒサシです。

 

製薬会社のMRとして働いている私ですが、社内で飛び交うカタカナ語に違和感を禁じ得ない日々を過ごしています。

 

これって製薬会社に特有の文化なのでしょうか?

 

(※少なくとも、前職である医薬品卸にてカタカナ語は頻用されていなかった。)

 

MRとして既に5年ほど働いていますので、社内のカタカナ語文化にも大分慣れてきたのですが…

 

それでもやっぱり、違和感があるんですよね。

 

最近は社内のオンライン会議中に、暇潰しがてら会議で出てきたカタカナ語を手帳にメモしています。


これがメモ内容の一部です。↓

(汚い字ですいません…)


こういったカタカナ語って、弊社では会議のみならず、電話・メール・チャットなど、あらゆる場面で登場しています。

 

とにかく、違和感が半端ないです!!

 

そんなカタカナ語の違和感について、今日は記事にしてみました。

ここ最近、特に印象的だったカタカナ語

初めにお伝えしておきたいのですが、私はカタカナ語そのものを否定しているわけではありません。

 

例えばですが、プレゼンテーションやエビデンスといった言葉については、私も普段のMR生活の中で口に出しています。

 

業界内では、敢えてカタカナ語を使った方が相手に伝わりやすい場面もありますからね。

 

しかし…この記事で取り上げているカタカナ語については、個人的には分かりにくいものばかりです。

 

普通に日本語で言えば良いのに…

 

…などと思うこと多数です。(汗)

 

では、ここ最近で特に違和感があったカタカナ語を5つ紹介します。

1.タスクのアクティビティを検証する

これね、ウチの上司が会議中によく言うんですよ。

 

一度の会議で3回くらいは言っています。(汗)


コロナ禍で君たちのタスクは滞っている!
だからタスクのアクティビティについて検証します!

大体こんな感じです。

 

いやいや、タスク=業務、アクティビティ=活動状況、と考えるのなら、

 

業務ごとの活動状況について検証する

 

…とでも言えば良いじゃないかと思うんですよね。

 

なぜわざわざカタカナ語を使うのか?

 

私には全く理解できません。(汗)

2.アグリーです

これは社内のオンライン会議で頻発するカタカナ語ですね。

 

特に、外資系製薬会社での社歴が長い人ほど言っている気がします。

 

ちなみに、アグリー(agree)とは『同意する』とか『賛成する』といった意味合いの言葉です。

 

先日の会議では、複数の人が以下のようにアグリーと連発していました。


私はその意見にアグリーです!
そのやり方でアグリーです!
その件については、アグリーでお願いします。

 

おいおい、皆さん揃ってアグリーしすぎ。(汗)

 

普通に日本語で言えば良いじゃないか…。

 

…などと思ってしまう私はおかしいのでしょうか?

 

賛成または同意とは言わず、敢えてアグリーという言葉を使うのはなぜなのか。

 

もし知っている人がいたら教えてください。

3.コンセンサスを取る

これも結構わかりにくいですよね…。

 

そもそもコンセンサス(consensus)とは『意見の一致』という意味です。

 

そこから転じて、ビジネスの場面では特定の相手に対して『根回しする』『合意を得る』といった意味合いで使われています。

 

そんなコンセンサスですが、ここ最近の会議で上司や本社マーケティングの人たちがこんな言い方をしていました。

 

この講演会では、まず座長の〇〇先生のコンセンサスを取る必要がある。

 

あのー、普通に『○○先生の合意を得る』『○○先生から許可をもらう』とかって言えば良くないですか?

 

ハッキリ言って、分かりにくいです。

 

少なくとも、私にとっては分かりにくいです。

 

こんな私を馬鹿だと思うなら笑ってください。

 

私は分かりにくい言葉ではなく、万人に伝わる言葉の方が絶対に良いと思っている派なので…。

4.クリアになる

これもかなり意味不明です!!

 

何が意味不明かって、わざわざクリアという言葉を使うのが理解できない。

 

もうね、会議の場ではこの言葉が幾度となく飛び交っているんですよ。

 

(もしかして弊社だけ?)

 

例えばこんな感じですね。


(オンライン会議の冒頭)

皆さん揃いましたね。音声はクリアに聴こえていますか?

(何かの方針などを議論する場面)

今後の方向性について、クリアにする必要があると思うのですが。

(質疑応答などの場面)

回答ありがとうございました。質問した件についてクリアになりました。

すまないが、改めて言わせてくれ。

 

普通に日本語で言えば良くないっすか?

 

クリア(clear)=明瞭または明確になる、という意味合いなのはわかりますよ。

 

だったら、例えば質疑応答の件だったら『とてもよく理解できました』とでも言えば良いじゃないか。

 

なぜわざわざクリアという言葉を使うのか。

 

全く理解できません…。

5.医師とのリレーション

これは本社の偉い人がよく使う言葉です。

 

(もしかして、弊社だけ?)

 

リレーション(relation)とは『関係性』『繋がり』といった意味です。

 

そんなリレーションですが、本社のお偉いさんはオンライン会議の場で現場(特にMR)を詰るときにこのカタカナ語を連発します。


コロナ禍だろうと、医師とのリレーションがあれば売上は伸ばせるはずだ!
売上が伸びないということは、医師と十分なリレーションを構築できていない証拠だ!
医師とのリレーション作りのために、きちんと行動しているのか?

 

あー、いつも通り偉そうなことを言ってるなー。

 

…などと思いつつ、最近は『普通に日本語で言えば良いのに…』とも思っています。

 

どう考えたって、『医師とのリレーション』より『医師との関係性』と言った方が分かりやすいだろうに。

 

偉い人自ら、わざわざ理解しにくい言い回しをしているから売上が伸びないのだろうか…などと思ったりしている今日この頃です。

まとめ:カタカナ語を使いまくる人の心理が謎すぎる…

繰り返しになりますが、私はカタカナ語そのものを否定しているわけではありません。

 

ただ、もしカタカナ語を使うのであれば、その言葉が相手に伝わる前提のもとで使わないとダメだと思うんですよね。

 

私はMRになりたての頃、社内で飛び交うカタカナ語が多過ぎて混乱しましたからね。(汗)

 

異業種から転職してきた人間、あるいは新入社員に対して、こういったカタカナ語の文化は優しくないと思っています。

 

何事であっても、万人に伝わる言葉を使わないとダメだと思うワケです。

 

それが仕事であるなら、尚更です。

 

さて、記事の序盤でカタカナ語を手帳にメモしていると書きましたが、メモ内容は現在進行形で増え続けています。

 

これはブログのネタ作りとして始めた行為なのですが、メモを通じて弊社では大量のカタカナ語が使われていることを改めて実感しています。(汗)

 

この記事を書いている2021年4月23日においても、以下の新たなカタカナ語を手帳に追記しましたからね。

 

私は○○さんとニアリーな考え方です。
このビヘイビアーについては…
今はローンチフェーズなので…
このポピュレーションについては…

 

この中で、ビヘイビアー(behavior:習性や態度という意味)は私のMR経験の中でも初出でして、最初は何を言っているのかサッパリわかりませんでした。(汗)

 

ここまで来ると、違和感を通り越して気持ち悪いとさえ思います。

 

ところで、カタカナ語を頻繁に使う人は、なぜこんな言い回しばかりをするのでしょうか。

 

難しいカタカナ語を使いこなしている俺って凄いだろ!?

 

…とでも言いたいのでしょうか。

 

それとも、そんな自己顕示欲すらなく、カタカナ語を使わない人間の方がおかしいとでも思っているのでしょうか。

 

あるいは、カタカナ語を理解できない人間がいること自体、気にも留めていないのでしょうか。

 

とりあえず、もう一度だけ言わせてほしい。

 

皆さん、日本語で喋ろうよ!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



コメント

  1. 焼肉といったらホルモン より:

    皆さん日本語で喋ろうよ!ほんとソレ(^◇^;) 何でもかんでもカタカナ語にすればカッコいいと思ってる。お年寄りには特に分からんよ この記事を読んで頭に浮かんだ人➡️小池都知事www. いつも興味深いお話をありがとうございます

    • ヒサシ ヒサシ より:

      ホルモンさん

      仰る通り、何でもかんでもカタカナ語で発信されると、情報の受け手側は混乱するんですよね…。

      カタカナ語に対する受け手側の理解不足もあるのでしょうが、個人的には、やはり大切な物事ほどわかりやすい言葉で伝えてほしいという気持ちがあります。

      社内で新しいカタカナ語が出てきた際には、また記事化してみようと思います!

タイトルとURLをコピーしました