ノバルティスの『キムリア』が薬価決定!まさかの3,349万とは!

こんにちは、アラサーMRのヒサシです。

結果的に1000文字足らずの記事になってしまいましたが、今日は記事を書かずにはいられないビッグニュースがありました。

今日の日刊薬業やRISFAXでノバルティスの新製品キムリアについて報じられていましたね!

薬価は3,349万に決まりました。

米国では5000万超の薬価であることから、日本でも同じくらいの薬価になるのでは?

という予想されていましたが、最終的には3000万円台に落ち着きましたね。

まあ、それでも十二分に高い薬価だとは思いますが…。

薬価算定の際に有用性加算や市場性加算あったようです。

ちなみに、薬価収載は5月22日の予定です。




キムリアの販売体制はどうなるのか?


日刊薬業などによると…

ピーク時の予測投与患者は国内で216人。

予測販売額は72億円。

色々な意味で桁違いな薬剤です。

もちろんオーファンドラッグ指定を受けています。

適応も2種類あるようですね。

・B細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)

・びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)

私は血液がんの担当経験がないので詳しくは分かりませんが、ピーク時でも216人だけを見込むということは、一部の専門施設でのみ使用される流れになるのでしょうか?

そもそも、こういった希少疾患は専門施設に集中する傾向があるので、その病気を診る医師も専門家中の専門家でしょう。

ノバルティス内でキムリア専任MRを置くのか分かりませんが、担当MRとしてはプレッシャーだろうなぁ…と思ってしまいます。

でも、仕事のやりがいというか、社会的意義は抜群そうですね!

今後の動向がすごく気になります!

キムリアによって1人でも多くの患者が救われてほしい!


私もオーファンMRの端くれとして、このキムリアには以前から注目していました。

こちらの記事でも書きましたが、オーファンドラッグは患者にとって希望の光です。

『オーファンドラッグ』とは?現役MRが解説します!

ましてや、難治性の血液がんに使われる薬剤ですから、その社会的意義はとても大きいです。

担当MRは大変でしょうけど、このキムリアによって1人でも多くの患者が救われてほしいですね!

ノバルティスのMRさんには是非とも頑張っていただきたいです!

応援しています!





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする