真のプロフェッショナル?それとも意識高い系?勉強熱心なMRについて思うこと

MRの仕事

こんにちは、アラサーMRのヒサシです。

 

現役MRの皆さんは、日頃からどういった勉強をしているでしょうか?

 

自社の医薬品、競合の医薬品、ガイドラインの内容、現在行われている臨床試験、業界内のニュース、その他諸々。

 

MRとして勉強すべきことは山ほどあります。

 

…と言うか、無限にあります。(汗)

 

マジで勉強を頑張るとしたら、それこそ受験生並み時間を割いて、机に向かう必要があるんじゃないかと思います。

 

さて、こんな記事を書いている私はと言うと、ぶっちゃけ大して勉強していません。(汗)

 

いや、MRとしてある程度の勉強はするのですが…

 

少なくとも、寝食を惜しんでまで勉強するということは全くありません。

 

仕事の隙間時間を見つけて、ガイドラインや文献を読んだりする程度です。

 

しかも、その頻度は少ないという体たらく。

 

この文章からお察しの通り、私はハッキリ言って勉強は好きじゃないです。

 

好きじゃないけど、仕事だからと割り切って渋々勉強している。

 

医療関係のサイエンスに大して興味が湧かないものの、無理矢理にでも興味を持って勉強する。

 

それがヒサシというMRでございます。(汗)

 

だからこそ、私は毎日のように勉強を継続しているMRを尊敬しています。

 

私には真似できませんし、もし無理に真似しようものなら、絶対にストレスでおかしくなりそうです。

 

勉強を継続しているという一点だけで、私にとっては眩しい存在なのです。

 

勉強はMRの本分…とは言い過ぎかも知れませんが、何だかんだ言って勉強しているMRの方が医療従事者からは信用されますからね。

 

しかし!

 

MRとして働いて約5年が経ち、勉強熱心なMRの中には変な人間がいることも段々と分かってきました。

 

果たして、勉強熱心なMRは真のプロフェッショナルなのか?

 

それとも、悪い意味で意識高い系の変人なのか?

 

今日はそのことについて書いていきます。

スポンサーリンク

『文献を読んでいます』アピールが激しいMR


私の同僚に俺はこれだけ文献を読んでるぜ!みたいなアピールが激しいMRがいます。

 

(これ以降、そのMRのことをAさんと書かせてもらいます。)

 

それはもう、Aさんは頻繁に文献の内容などをメールでチーム内に共有してきます。

 

それ自体は別に良いのですが…

 

問題なのは、Aさんは文献を読まないMRは全然ダメだ!』『MRとして終わっている!などと他のMRに対してマウントを取ってくるという点です。

 

誤解の無いようにお伝えしてきますが、Aさん以外のMRが文献を読まないわけではないのです。

 

Aさんが文献を読み過ぎなのです。

 

それはもう、

 

文献を読む(=勉強する)ことが趣味なのか?

 

…と思えるレベルです。

 

確かに、Aさんの知識量は凄いと思います。

 

Aさんと同行したことはありませんが、Aさんの社内のロープレなどを見る限りだと、きっと医師&薬剤師と深いディスカッションをしているのは容易に想像できます。

 

日頃から文献を読み漁り、常に最新の知識をインプットする。

 

その点においては、AさんはMRの鑑だと思います。

 

しかし、他のMRにマウントを取る(=高圧的に接する)ことで、私を含むチーム内のMRからは疎まれています。

 

この前なんて、深夜の23時頃にこんな文献を見つけましたよ!といったメールをチームメンバーに送ってきましたからね…。

 

仕事用の携帯にメールが入ったきたので、もしかして何かの緊急連絡かと思ったら、Aさんからの文献メールだったので拍子抜けしました。

 

そして、私はこう思ったんですよね。


その文献共有のメールは翌朝でも良かったのでは?
わざわざ23時という時間帯にメールしてこなくても良いのでは?
社会人として、これは流石に変じゃないか?

そもそも、Aさんは一体どういう意図があって23時にメールをしてきたのだろうか。

 

こんな夜遅い時間だろうと、俺は熱心に勉強してるんだぜ!

 

…というアピールをしたかったのだろうか。

 

何と言うか、Aさんは自分自身を過剰に演出している節があるんですよね…。

 

もしかすると、もの凄く承認欲求が強い人なのだろうか?

 

あるいは、虚栄心が強すぎるのだろうか?

 

日頃から文献を読み、MRとしての知識量を誇るのは結構なのですが、人間的には好きになれないタイプなのです。

 

こんなことを本人に言ったらAさんは怒るでしょうけど…

 

悪い意味で、意識高い系の人としか思えません。

 

意識が高いこと自体は称賛されるべき気質だと思います。

 

ですが、その意識を他人に押し付け、あまつさえ人間性までも否定するの良くないっちゅう話です。

 

こういった人間性の影響なのかは不明ですが、Aさんの売上はあまり良くないです…。

スポンサーリンク

勉強しているアピールをしないMR


私のチーム内には、Aさんと同じくらい知識量に長けているMRがいます。

 

(これ以降、そのMRのことをBさんと書かせてもらいます。)

 

チーム内でも学術肌なBさんですが、薬に関して大抵のことは知っている人です。

 

ガイドラインの内容や、その根拠となったエビデンス。

 

国内外の色々な文献。

 

様々な医療用語の意味。

 

チーム内の会議でもBさんに尋ねれば殆ど即答してくれることから、むしろ学術の人よりも頼りにされている雰囲気すらあります。

 

(そして、Aさんが対抗心を燃やして物言いをしてくる…)

 

そんなBさんですが、Aさんとは違って勉強してますアピールは一切しないんですよね。

 

とにかく、知識をひけらかすことがない。

 

上司・同僚から受けた質問には答えるけど、必要以上には喋らない。

 

ついでに言うと、要点を簡潔に話すなど、頭の回転も速い。

 

何と言うか、自信と謙虚さが同居しているような人なんですよね。

 

当然と言うべきか、チーム内での売上は毎月Bさんがトップであることが多いです。

 

きっと、プロフェッショナルのMRとはBさんのような人なんだろうなぁ…と思いながら、私なんかは仕事をしています。

 

ところで、Bさんだって仕事に家庭に忙しいはずなのに、果たしていつ勉強しているのか?

 

Bさん曰く隙間の時間にコツコツ勉強しているとのことですが…

 

果たして、隙間時間の勉強だけでどうやったらあれほどの知識量が身に付くのか?

 

文献を読むスピード(=読解力)が優れているということなのか?

 

それとも、生まれつき記憶力が良いタイプなのか?

 

同じく隙間時間に勉強するタイプである私とは、知識レベルが違い過ぎます。

 

どう考えても、地頭の差が大きいとしか思えません。(汗)

まとめ:MRは勉強熱心の方向性を間違えてはいけない!


今回は同僚MRの2人について考えながら、この記事を書いてみました。

 

勉強熱心であること自体は、間違いなくMRにとってプラスとなる気質です。

 

MRは医師・薬剤師といった医療従事者を相手にする関係上、医療に関する知識はあるだけ良いに決まっています。

 

問題は、その熱心さの方向性です。

 

Aさんのように勉強してますアピールを連発すれば、ただの意識高い系MRと揶揄されるだけでしょう。

 

一方で、Bさんのように勉強してますアピールは一切せず、売上という結果を示すことで、周囲からはプロフェッショナルMRと認識される。

 

能力的にも人間的にも、MRとして目指すべきは、やはりBさんのようなタイプなのだと思います。

 

私はお世辞にも勉強熱心とは言えないMRです。

 

ついでに言うと、地頭が良いとも言えないMRです。

 

おそらく、今後も勉強に対するやる気や、頭の出来が改善されることはない気がします。

 

こんな凡人MRの私ではありますが…

 

たとえ凡人だとしても、少しでもBさんのようなプロフェッショナルMRに近付けるように頑張らないといけないなぁと思う、今日この頃です。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました